日曜コラム「マイ・オピニオン」第51回:ライフログとポモドーロを同時に使えるアプリがオススメ!

 1日を出来るだけ有効に活用したいと思っている人は多いと思いますが、その準備として現在自分がどのような時間の使い方をしているのかを記録することが良いと言われています。私もチャレンジしようとしたのですが、どうしても自分の性格からか細かく付けすぎてしまい、かえって記録をつけることに疲れて断念してしまいました 。ライフログ系のアプリもたくさん出ているのですが、どちらかといえば健康管理のために開発されているものが多く、仕事向けのものは限られています。

 そうしたなかで、有料ですが良いアプリを見つけました。それは「Focus To Do」というアプリです。このアプリの長所は私にとって3つありました。

 1つめは、Androidやios、windowsなどさまざまなOSで 使え、しかも同期ができることです。私はどんな時、どんな場所でも仕事ができる環境にしておきたいので 、さまざまな機器を使っているのですが、どこにいても持っている端末でこのアプリを使うことができます。そして、すぐに同期されるので、例えば、午前中に外出先でAndroid端末のアプリで記録していたものを、帰宅してからipadで記録を続けることもできます。そして、夜にパソコンを使って全体の振り返りをするようなことができるのです。これは、とても便利な機能だと思います。

 2つめは、プロジェクトやタスクごとに細かく記録が取れることです。無料版はこの機能に制約があるのですが、有料版は自由にプロジェクトやタスクを設定することができるので、細かく記録をとることができます。記録は棒グラフや円グラフで時間の長さや割合など多彩な集計・表示機能がありますし、月ごと、週ごとの集計なども自在です。アナログの記録ではできない素晴らしい機能だと思います。ただ、私はどうしても細かくしてしまいがちなので 、使い始めて2か月ほどたつのですが、細かくなりすぎてしまいました。一度設定したプロジェクトを消すと、これまでの記録も消えてしまうので戻れないところが多少デメリットかなと思っています。

 3つめに、ポモドーロ・テクニックを組み込むことができる点です。ポモドーロ・テクニックとは、一般的に25分の仕事と5分の休憩を繰り返すことで集中力を長時間保持する仕事・仕事法です。これまでも私はポモドーロ・テクニックを使って仕事をしてきました(25分+5分ではありませんが…)。その時に使っていたアプリは「Brain Focus」というものです。ポモドーロテクニックだけを使う上では非常に良いアプリだと思います しかし、仕事のログを記録しようと思って他の アプリを探していたところ 、 「Focus To Do」にたどり着いたというわけです(実のところ、「Focus To Do」は以前にインストールして有料プランも購入していたのですが、その時は断念して「BrainFocus」を使うことにしました。つまり「Focus To Do」に戻ってきたことになり、その時は有料プランを購入していたのを忘れていました) 。しかも、「Focus To Do」はプロジェクトやタスクごとに仕事時間を変更することができます。負担の重い仕事は短めに、負担の少ない仕事は長めにすることで、より効率的な仕事に繋げることができたと思います。

 このように、あくまで私にとってのメリットなのですが、「Focus To Do」は仕事の効率化を図るうえで大変有益なアプリだと思います。有料プランも決して高くはないので、一度試してみる価値はあると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です